CMにもいろいろある|華やかな映像を使ってアピールしませんか?映像制作のススメ

華やかな映像を使ってアピールしませんか?映像制作のススメ

CMにもいろいろある

メモをとる手元

映像作品には様々なジャンルやスタイルがあります。
ジャンルやスタイルが変わると、同じ映像作品であっても業界が変化し、作業の進め方に変化が生じる場合も。
企業が依頼したいと思うスタイルは、やっぱりCMやPR系がほとんどでしょう。
CM、PRといってもそこからさらに様々なスタイルへ分かれていて、ドラマ形式やスタジオ番組形式、純粋な映像プレゼンテーション、アニメーション主体などの選択肢があります。
最近では漫画やアニメが注目されているからか、アニメーション主体のものが増えてきているように感じます。

映像制作会社にとっては、いずれにしても依頼者の意向や意図をどれだけ実現できるかが唯一の評価基準。
依頼者との意識統一が最も重要なポイントになるため、企画段階で特に綿密に打ち合わせを行おうとすることでしょう。
特に最近のCMは昔に比べて華やかなものが多くなってきており、CGとの合成や精密な特殊効果が用いられていることも多くなってきています。
より望みどおりの映像作品を作ってもらうために、こういった作品にしたいというイメージははっきり固めておいたほうがいいでしょう。

映像制作会社へ依頼をする前に、それぞれのCMスタイルについて調べ、自分が作りたいものはどのスタイルに一番近いか考えておくのもいいかもしれません。
「このスタイルがイメージに一番近いんです」と伝えることができれば、依頼を受ける会社側にも考えてもらいやすくなりますからね。